昭和の暮らしを彩った味のある古本・紙ものを集めた古本屋
ホーム松本青翰堂書店ご紹介

■ 松本にある青翰堂書店について ■

長野県松本にある本店です。

松本城をかたどった店になっていまして、観光のついでにごらんになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在建っている大名町での創業は終戦直後の1945年9月。 そのころはまだお城のかたちをしていませんでした。 創業者の花岡重雄がお茶の水で始めた「ヤマトヤ書店」が大元になっています。 戦時中に故郷松本に戻り、本町で「花岡書店」として再開業。 大名町に移った時に、「青翰堂書店」と名前を変えました。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス